ヨハネス ボブロフスキ(英語表記)Johannes Bobrowski

20世紀西洋人名事典「ヨハネス ボブロフスキ」の解説

ヨハネス ボブロフスキ
Johannes Bobrowski


1917.4.9 - 1965.9.2
ドイツの詩人
ティルジット(東プロイセン国境)生まれ。
1938年一家でベルリン移住。第二次大戦後ドイツ民主共和国に属し、詩集サルマティアの時代」(’61年)でデビュー。短期間の詩作活動を通じて、ドイツ人が中世から東欧政策の歴史の中で犯してきた東欧諸民族に対する罪をキリスト教的人間愛の立場から告発し続け、東西ドイツから高く評価。作品は東欧スラブの自然、歴史などに根ざし、「レビン水車小屋」(’64年)、「リトアニアのピアノ」(’66年)は方言を交え、民話調になっている。現代的な小説技法を多数取り入れ、表現形式もアクチュアルな作品となっている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android