ヨーロッパ預託証券(読み)ヨーロッパよたくしょうけん(英語表記)European Depositary Receipts; EDR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ預託証券
ヨーロッパよたくしょうけん
European Depositary Receipts; EDR

ヨーロッパにおいて外国株式現物に代って売買される代替証券のこと。仕組みはアメリカ預託証券 ADRと同様で,企業の発行する株式の現物を当該企業の属する国に所在する銀行に預託し,これの見返りにヨーロッパ所在銀行が預託証券を発行する。個々の銘柄により呼称は異なり,ロンドン,ルクセンブルクなどの証券取引所に上場されている。日本企業の発行は本田技研工業が第1号 (1962) で,大日本印刷,三越などが発行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨーロッパ預託証券【ヨーロッパよたくしょうけん】

EDR

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のヨーロッパ預託証券の言及

【ADR】より

…日本の企業では1961年6月ソニーがアメリカでの新規資金調達を目的にADR発行を行ったのが最初であるが,以後増加している。なおADRと同じ方式でヨーロッパで発行される預託証券をEDR(ヨーロッパ預託証券),ドイツで発行されるものをGBC(ドイツ無記名証書,Global Bearer Certificate),オランダ領キュラソーのものをCDRという。【飯尾 博信】。…

※「ヨーロッパ預託証券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android