ライアン オニール(英語表記)Ryan O’Neal

20世紀西洋人名事典の解説

ライアン オニール
Ryan O’Neal


1941.4.20 -
米国の俳優。
ロサンジェルス生まれ。
父は脚本家、母は女優で中米や欧州を移り住む生活をしていたが、帰国して兵学校を卒業、1962年からテレビ・シリーズ「Empire」のレギュラーに、’64年の「ペイトン・プレース物語」で人気がでた。’70年に一世を風靡した「ある愛の詩」でスターになり、おっとりした二枚目というイメージとは違ってトラブルの多い問題児だが、憎めない。子供4人のうち長女テイタムと「ペーパー・ムーン」(’73年)、「ニッケルオデオン」(’76年)で共演している。他の作品に、「おかしなおかしな大追跡」(’73年)、「ザ・ドライバー」(’78年)、「続・ある愛の詩」(’78年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ライアン オニール
Ryan O’Neal


国籍
米国

専門
俳優

本名
Patric Ryan〉 パトリック・ライアン〈O’Neal オニール

生年月日
1941/4/20

出生地
カリフォルニア州ロサンゼルス

経歴
父は脚本家、母は女優。家族と共に中米や欧州を移り住む生活を送るが、単身米国に帰国して兵学校を終了。のち両親のいるミュンヘンに戻り、1953年テレビシリーズ「Tables of the Vikings」に出演。一家で帰国後、’62年からテレビシリーズ「Empire」のレギュラーとなる。「アンタッチャブル」「パパ大好き」などのシリーズに出演、’64年から始まった「ペイトン・プレイス物語」の主役の一人を務め、人気となった。’70年一世を風靡した大ヒット映画「ある愛の詩」に主演。他の映画出演作品に「栄光への賭け」(’70年)、「おかしなおかしな大追跡」(’72年)、「ペーパー・ムーン」(’73年)、「バリー・リンドン」(’75年)、「遠すぎた橋」(’77年)、「ザ・ドライバー」「続・ある愛の詩」(’78年)、「ワン・モア・タイム」(’89年)、「Faithful」(’96年)、「Zero Effect」(’98年)、「The List」「Gentlemen B.」(2000年)、「Malibu’s Most Wanted」(2003年)などがある。女優ジョアナ・ムーアとの間にテータム・オニールをもうけたほか、ファラ・フォーセットとも長年同棲して一児をもうけるなど、計4人の子供を持つ。2001年慢性骨髄性白血病であることを公表。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android