ライト級(読み)ライトキュウ

  • ライトきゅう ‥キフ
  • ライトきゅう〔キフ〕

デジタル大辞泉の解説

lightweightボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングではライトウエルター級よりも軽くバンタム級よりも重い階級で、56キロを超え60キロまで。女子とジュニアフェザー級より一つ重い階級で、57キロを超え60キロまで。プロボクシングではスーパーライト級スーパーフェザー級の間で、130ポンドを超え135ポンドまで。
[補説]ムエタイでは、アマチュアで57キロを超え60キロまで。プロは130ポンドを超え135ポンドまで。K-1では60キロを超え65キロまで。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングでは57キログラム 超60キログラムまで、プロボクシングでは130ポンド(約58.9キログラム)以上135ポンド(約61.2キログラム)まで。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ライトはlightweight の) ボクシングの体重別階級の一つ。プロボクシングでは一三〇~一三五ポンド(五八・九七~六一・二四キログラム)。レスリング、ウエート‐リフティングなどでも使われたことがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライト級の関連情報