ライト級(読み)ライトキュウ

デジタル大辞泉の解説

ライト‐きゅう〔‐キフ〕【ライト級】

lightweightボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングではライトウエルター級よりも軽くバンタム級よりも重い階級で、56キロを超え60キロまで。女子とジュニアフェザー級より一つ重い階級で、57キロを超え60キロまで。プロボクシングではスーパーライト級スーパーフェザー級の間で、130ポンドを超え135ポンドまで。
[補説]ムエタイでは、アマチュアで57キロを超え60キロまで。プロは130ポンドを超え135ポンドまで。K-1では60キロを超え65キロまで。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ライトきゅう【ライト級】

ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュア-ボクシングでは57キログラム 超60キログラムまで、プロ-ボクシングでは130ポンド(約58.9キログラム)以上135ポンド(約61.2キログラム)まで。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライト級の関連情報