コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフアイゼン Friedrich Wilhelm Raiffeisen

世界大百科事典 第2版の解説

ライフアイゼン【Friedrich Wilhelm Raiffeisen】

1818‐88
ドイツの農業協同組合指導者。ライン川支流のジーク河畔ハムに町長の子として生まれる。17歳のとき志願して軍隊に入ったが眼病のため1842年除隊,コブレンツ市庁臨時雇からマイエンの郡書記を経て,45年27歳でバイエルブッシュ自治区長となった。以来65年失明のため退職するまでラインラント・ファルツ州各地の町村長を務め,以後もっぱら農業協同組合運動に全身をささげた。1846‐47年の凶作に苦しむ農村民の窮状に心うたれ,私財を投じて消費組合を設立(1846),穀物の共同購入や組合製パンなどによって農民救済を図った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ライフアイゼン

生年月日:1818年3月30日
ドイツの農業協同組合の創始者
1888年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のライフアイゼンの言及

【農業協同組合】より

…19世紀後半になって急速に膨張を遂げたドイツの資本主義の発展を背景として,多くの農業者が小生産者として農村に滞留し,貨幣経済の急展開のなかで高利貸などに苦しめられ窮乏した。こうしたなかで1860年代にF.W.ライフアイゼンの指導のもとに貯蓄や貸付けを主体とした農村信用組合が設立され,農業協同組合の活動の一つの典型となった。19世紀後半から末期にかけて北欧や西欧各国においても,その歴史的な条件に応じてさまざまな形態の農業者主体の協同組合が設立され発展した。…

※「ライフアイゼン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ライフアイゼンの関連キーワード信用組合生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android