窮状(読み)きゅうじょう

精選版 日本国語大辞典「窮状」の解説

きゅう‐じょう ‥ジャウ【窮状】

〘名〙 (貧困などのために)困りはてている様子。苦しんでいる態。
※自然主義脱却論(1910)〈片山孤村〉「自業自得とは云へ破綻百出の状寧ろ憐むべきである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「窮状」の解説

きゅう‐じょう〔‐ジヤウ〕【窮状】

貧困などのために困り果てているようす。「窮状を救う」
[類語]惨状逆境苦境危地窮地窮境難局羽目危険危難危機危殆きたい虎口ここうピンチ物騒剣呑けんのん危ない不用心不穏際どいやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ風雲急を告げる危うい危なっかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android