コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライブ・エレクトロニック音楽 ライブ・エレクトロニックおんがくlive electoronic music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライブ・エレクトロニック音楽
ライブ・エレクトロニックおんがく
live electoronic music

電子音楽の発展形態の一種。実際の演奏会場で出される音 (器楽・声楽・テープ音等) を,その場でフィルタやリング変調器で電子的に変換するもの。これによって,従来スタジオで作られてテープに収録されていた電子音楽を,演奏会場での実演の中で提示できるようになった。 1960年代半ばにドイツの作曲家 K.シュトックハウゼンによって体系的に行なわれ始めたが,その後,シンセサイザーコンピュータ,デジタル化された機器の利用によって,音のディレイフィードバックなどを含む,はるかに複雑な操作ができるようになった。機器の低価格化で,入手がたやすくなって,ポピュラー音楽でも盛んに用いられるようになると同時に,電子音楽の新たな可能性が論議されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ライブ・エレクトロニック音楽の関連キーワード現代音楽

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android