フィードバック(英語表記)feedback

翻訳|feedback

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィードバック
feedback

系の出力側の一部を入力側に戻すこと。帰還ともいう。 1934年,H.S.ブラックにより増幅器についてその原理が述べられた。のちにその負帰還の安定性の理論が,ハイファイアンプ,自動制御系,人間工学などに広く応用されるようになった。特にフィードバック制御は自動制御の基本である。図はフィードバック増幅器を示し,ここで AV'0/V0 をトランジスタなどの能動素子を含む増幅回路の増幅度,βを抵抗,容量,インダクタンスなどの受動素子だけから成るフィードバック回路の帰還率とし,全体の増幅度 V'0/VSA' とすると,A'=A/(1-Aβ) となる。 |1-Aβ|<1 のときを正帰還といい,A'>A となり,増幅度は帰還回路によって増大する。 |1-Aβ|=0 のとき A' は無限大となり,これは回路が発振状態にあることに等しい。 |1-Aβ|>1 のときを負帰還といい,A'<A となり,増幅度は減少する。このとき |Aβ|≫1 (この条件は普通は満足される) であれば A'≒-1/β となる。βは安定な回路素子のみから構成されるので,負帰還増幅器の増幅度 A' は安定である。また信号の波形は忠実に増幅される。機械システムではワットの蒸気機関にある調速機が回転速度をフィードバックして蒸気量を調整する仕組みとして利用され,自動制御技術の始りとされている。フィードバックを人工物,生体,社会に共通するメカニズムとしてとらえる総合的な学問分野としてサイバネティクスがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

フィードバック

制御工学の基本技術。アウトプットの結果をインプット側に還元し、システム全体の調節を図ること。フィードバックによってアウトプット側の誤差を少しでも少なくすることができればシステムは安定するし、逆の場合は発散(不安定となりやがて壊れる)する。ロボットでフィードバック制御を可能にするためには、プロセッサー(情報処理装置)、センサー(情報入力装置)、アクチュエーター(駆動装置)が必要。この3つがうまく連携して安定稼働することにより、ロボットの統制の取れた運動を実現することができる。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

フィードバック(feedback)

[名](スル)
ある機構で、結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。電気回路では出力による入力の自動調整機能、生体では代謝内分泌の自己調節機能など。
物事への反応や結果をみて、改良・調整を加えること。
顧客や視聴者など製品・サービスの利用者からの反応・意見・評価。また、そうした情報を関係者に伝えること。「現場からのフィードバックを設計に反映させる」「アンケートの結果を担当部門にフィードバックする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フィードバック

ある動作(入力)によって生じた結果(出力)の一部または全部を,原因側に戻し,加えまたは差し引いて出力に影響を与える循環作用。電気工学では帰還ともいう。制御工学などで重要。→自動制御

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

フィードバック

 フィードバック制御ともいう.生体のある機能が発現すると,その結果としてその機能に制御が起こることがある.このように,結果によってもたらされる当該過程の制御.たとえば,ある一連の反応の産物がその反応過程の特定の段階を阻害したり活性化したりすること.また,ある刺激によってホルモンが分泌されると,そのホルモンが刺激の伝達を抑制したりする現象もフィードバックという.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

流通用語辞典の解説

フィードバック【feedback】

元来は制御工学の用語。システムの目的を追求するために、そのアウトプット情報を使用して、インプットをコントロールする働きのことをいう。経営においては、過去の結果から問題点を把握し、逐次的修正を繰り返すことによって、適正な企業行動をとることができるようにするための働きを意味する言葉として使用されている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

フィードバック

あるシステムにおいて出力された結果を入力側に戻すこと。教育の分野においては、ある人の行動や発言に対し、それらを周囲がどう見ているか(評価)を返してやることをいう。ある人の言動に対しフィードバックがあることで、その人は自分の言動に関するデータを得ることができ、自分の言動を客観的に把握できるようになる。本人は、プラスのフィードバックを得るとその行動を促進させるが、マイナスのフィードバックを得るとその行動にブレーキをかける方向に作用する。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィードバック【feedback】

本来は制御工学や通信工学の用語。帰還ともいう。N.ウィーナーサイバネティックスの中心概念の一つとして取り上げてから一般的にも使用されるようになった。例えば入力をある割合で増幅し出力する増幅器のように,入力によって出力が決まるシステムで,出力(の一部,あるいは出力に関連して決まる作用)を入力に加え,出力に影響を与えることをいう。またこのようにすることをフィードバックをかける,このようになっていることをフィードバックがかかっているなどという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィードバック【feedback】

( 名 ) スル
入力と出力のあるシステムで、出力に応じて入力を変化させること。増幅器や自動制御などの電気回路に多く使われる。帰還。
心理学・教育学で、行動や反応をその結果を参考にして修正し、より適切なものにしていく仕組み。
転じて、結果を原因に反映させて自動的に調節していくこと。 「消費者の声を生産者に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィードバック
ふぃーどばっく
feedback

制御系などで、系の出力の一部を入力に戻して出力を制御すること。帰還ともいう。フィードバックの方法には単一ループによるもののほかに、多くのループを用いる多重型や、電気特性が一様に分布したループによる分布型がある。
 出力の一部を入力に戻すとき、その方向(極性)は入力と同じか逆方向に加えるが、それを正(ポジティブ)または負(ネガティブ)のフィードバックとよぶ。系に正のフィードバックを加えると、外部からみた利得は増大する。負のフィードバックを加えると、外部からみた利得は減少するが、系の特性は改善される。正のフィードバックは発振回路や跳躍回路のほか分布帰還型レーザーに、負のフィードバックは広帯域増幅回路や自動制御システムに用いられる。[岩田倫典]

社会科学・社会工学への応用

フィードバックとは、ある原因から生み出された結果がその原因に反作用をもたらすことによって、原因自体が自動的に調整され、より望ましい結果が導かれる過程をいう。そして、この過程をシステム化した状態、つまり入力した指令(原因)がある回路を通して伝達されて一定の出力(結果)をもたらすと、その効果がただちに別な回路を通して制御装置に伝えられて指令そのものを調整するという過程を反復的、連続的に保障している機構をフィードバック・システムという。フィードバックはもともと電気工学上の原理について用いられてきた用語だが、制御とともにサイバネティックスの基本概念の一つともされ、現在では広く社会科学、社会工学においても社会過程の分析や設計にこの概念が適用されている。社会や組織のなかの中枢機関で、ある意思決定が行われ、それが執行に移される過程で、そのなかの関係諸部門や諸階層からその決定の内容や実施方法に関する意見や提案が中枢機関に送られ、決定の実効性をより高めるという、意思決定過程におけるボトム・アップbottom-upとか参加的意思決定の考え方は、社会過程におけるフィードバックの概念と深く関連している。この過程の自動化を図ろうとする志向は、一方では社会内部、組織内部での民主化、他方では社会管理、組織管理の効率化への関心と結び付いている。[石川晃弘]
『N・ウィーナー著、池原止戈夫他訳『サイバネティックス』第二版(1962・岩波書店) ▽J・アネット著、増山英太郎他訳『フィードバックと人間行動』復刊版(『現代の心理学2』1985・岩崎学術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフィードバックの言及

【政治体系】より

…政治体系はこの入力を出力outputに変えて環境に送り出す。環境へ送り出された出力は次の入力にはねかえるというフィードバックfeedback機能を果たす。こうして政治体系は,環境との間で相互作用を行いつつ自己を一つのシステムとして維持していく。…

※「フィードバック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィードバックの関連情報