ライマー-ティーマン反応(読み)ライマーティーマンハンノウ

化学辞典 第2版の解説

ライマー-ティーマン反応
ライマーティーマンハンノウ
Reimer-Tiemann reaction

フェノールクロロホルムをアルカリ水溶液中で反応させて,o-およびp-ヒドロキシベンズアルデヒドを生成する反応.

o-/p-の生成比は,溶媒やベンゼン環置換基によってかわる.ベンゼン環に電子求引性基をもつフェノールでは収率が低く,また,フェニルエーテルは反応しない.クロロホルムから生じたジクロロカルベンCCl2の求電子置換機構が考えられている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android