コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライラとマジュヌーン Laylā wa‐Majnūn

1件 の用語解説(ライラとマジュヌーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ライラとマジュヌーン【Laylā wa‐Majnūn】

イスラム文化圏で広く親しまれている悲恋物語。アラブ世界では〈マジュヌーンライラ〉として知られる。家柄も教養も良く育った2人であったが,詩才豊かな主人公カイスは恋人ライラの名前を,ある詩の中に叙してしまったために,恋人の家柄を著しく傷つけ,そのため求婚も拒絶されてしまう。恋人が他人に嫁ぎ,癒されぬ恋の病いはカイスを発狂させ,マジュヌーン(狂人)と呼ばれながら砂漠をさまよい,恋人の幻影を追い求める。ライラは恋人への愛と夫への忠節とのはざまに苦しみ,果ては衰弱して死ぬ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライラとマジュヌーンの関連キーワードカフタンサラセン文化圏ラバーブイスラム帝国月光汎イスラム主義イスラム聖戦機構スクーク国民食

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone