コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライン型資本主義 ラインガタシホンシュギ

1件 の用語解説(ライン型資本主義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラインがた‐しほんしゅぎ【ライン型資本主義】

ドイツなど欧州諸国に見られる資本主義の形態。企業は主に金融機関から資金を調達し、株主だけでなく従業員・取引先・顧客・社会など利害関係者を幅広く重視する。終身雇用年功序列制を採用し、賃金格差は比較的小さく雇用は安定している。社会福祉を重視し、政治的には大きな政府を志向する。フランスの経済学者ミシェルアルベールが著書「資本主義対資本主義」(1992年刊)で提示した概念。→アングロサクソン型資本主義
[補説]日本はライン型資本主義の典型とされたが、平成8年(1996)の金融ビッグバン以降、アングロサクソン型資本主義への道を進んだ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone