コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラエチア Raetia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラエチア
Raetia

古代ローマの属州。現在のチロル,バイエルン,スイスを含む。ケルト系のラエチ人がいたのでこの名がついた。前 15年チベリウス帝のとき属州となり,ガリア総督の支配を受けた。のち独立の総督がおかれ,アウグスタ・ウィンデリコルム (現アウクスブルク) が首都となった。小さい州ながら交通の要衝にあたるためきわめて重視された。4世紀には2つに分割されたが,次第にアラマンニ族の侵入を受け,5世紀末にはアルプス地方を除いて彼らの支配下に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラエチアの関連キーワードレト・ロマンス諸語カストラ・レギナブルハルトカッティ族カルスレト語

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android