コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロル チロル Tirol

翻訳|Tirol

7件 の用語解説(チロルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チロル
チロル
Tirol

東部アルプス山地の西部,エツターラーアルペンの南と北に広がる地方名。本来はメラノ (現イタリア北部) 近郊のチロル城を本拠とするチロル伯の領地をさした。北,東,南の3地方に分れ,南チロル第1次世界大戦後イタリア領 (現トレンティノアルトアディジェ州) となり,北,東の両地方がオーストリアチロル州をなしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チロル(Tirol)

オーストリア西部からイタリア北部にわたる地方。アルプスの東部にあたり、氷河・森林・牧草地からなる自然景観で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チロル

オーストリア西部からイタリア北部にわたるアルプスの地方名。オーストリア領は一州(チロル州,州都インスブルック)をなし,イン川の河谷を中心とする北チロルとドラウ川上流域を中心とする東チロルに分けられ,南チロルは第1次大戦後イタリア領となりトレンティノ・アルト・アディジュ州に属す。
→関連項目ツークシュピッツェ[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

チロル

ポピー製紙が販売するトイレットペーパーの商品名。古紙を使用。ダブル2枚重ね、12ロール入り。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チロル【Tirol】

アルプス山脈の東部に位置し,標高3000m前後の山々が氷河や万年雪をいただいてそびえ立っている山岳地帯。ティロルとも書かれる。チロルは,地理的には北,東,南の三つに分かれ,北と東はオーストリアのチロル州を構成し,南チロルは第1次大戦の結果イタリア領となり,トレンティノ・アルト・アディジェ州に属している。オーストリアのチロル州は面積1万2647km2,人口66万(1995)。
[地理]
 チロルの特徴は,中央を流れるイン川に,氷河に源を発する川が谷に沿って流れこみ,谷ごとに異なった景観を誇っていることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チロル【Tyrol】

オーストリア西部からイタリア北東部にわたるアルプスの地方。保養地・観光地・スキー場として知られる。中心都市インスブルック。イタリア領チロルは1919年オーストリアから割譲され南チロルと呼ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チロル
ちろる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チロルの関連キーワードアルタイオーストラリアアルプス中央アルプスカイラス山アルプス山脈ブルジェ湖ユリスケアルプスアルプス[山脈]トランシルバニア・アルプス[山脈]アルプス・ヒマラヤ地帯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チロルの関連情報