チロル(英語表記)Tirol

  • Tyrol

翻訳|Tirol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東部アルプス山地の西部,エツターラーアルペンの南と北に広がる地方名。本来はメラノ (現イタリア北部) 近郊のチロル城を本拠とするチロル伯領地をさした。北,東,南の3地方に分れ,南チロルは第1次世界大戦後イタリア領 (現トレンティノアルトアディジェ州) となり,北,東の両地方がオーストリアチロル州をなしている。前 15年ローマの属州となったが,6世紀になってバイエルン人に占領され,8世紀以後フランク王国,のち神聖ローマ帝国領となった。その後トレント,ブリクセン両司教の統治を経て,11世紀にチロル伯の領地となったが,1233年チロル家が断絶,1363~1918年ハプスブルク家領。住民たちは独立心が強く,16世紀の宗教改革に際しては農民戦争を起し,1805年ナポレオン1世がチロルをフランスとバイエルンの支配下に入れたときにも反乱を起してこれに抵抗した。古くから独特の文化がはぐくまれ,すぐれた造形美術,農民文学,農民芝居を有するとともに,特殊な風俗をも残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オーストリア西部からイタリア北部にわたるアルプスの地方名。オーストリア領は一州(チロル州,州都インスブルック)をなし,イン川の河谷を中心とする北チロルとドラウ川上流域を中心とする東チロルに分けられ,南チロルは第1次大戦後イタリア領となりトレンティノ・アルト・アディジュ州に属す。森林,牧草地が多く,耕地は少ない。グロースグロックナー,ウィルトシュピッツェなどの高峰,ヨーロッパ中部とイタリアを結ぶブレンナー峠がある。チロルの谷々は民俗の宝庫ともいわれ,農民の行事が多い。また,チロル帽など独特の衣装でも知られる。避暑,観光,冬季スポーツの中心。1363年以来ハプスブルク家所領。1805年ナポレオンに占領されたが,その失脚後オーストリア領。
→関連項目ツークシュピッツェ[山]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルプス山脈の東部に位置し,標高3000m前後の山々が氷河や万年雪をいただいてそびえ立っている山岳地帯。ティロルとも書かれる。チロルは,地理的には北,東,南の三つに分かれ,北と東はオーストリアのチロル州を構成し,南チロルは第1次大戦の結果イタリア領となり,トレンティノ・アルト・アディジェ州に属している。オーストリアのチロル州は面積1万2647km2,人口66万(1995)。
[地理]
 チロルの特徴は,中央を流れるイン川に,氷河に源を発する川が谷に沿って流れこみ,谷ごとに異なった景観を誇っていることである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オーストリア西部からイタリア北東部にわたるアルプスの地方。保養地・観光地・スキー場として知られる。中心都市インスブルック。イタリア領チロルは1919年オーストリアから割譲され南チロルと呼ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Tirol) オーストリア西部からイタリア北部にまたがるアルプス東部地方。谷あいや山腹に独得の文化をもつ村落がひらけ、農牧業や木工業、セメントなどの製造工業が行なわれる。一四世紀以来ハプスブルク家の所領で、一九一九年南チロルはイタリアに割譲された。インスブルック、イェンバッハ、ザンクトアントン、キッツビューエル等はスキー場、保養地として知られる。イタリア語名ティローロ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チロルの関連情報