コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラエティ laeti

1件 の用語解説(ラエティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラエティ【laeti】

ローマの帝政期に,帝国内に定住させられ農民となった外来民族。おもに投降したり捕虜になったゲルマン人からなっていた。特に3世紀以降,多くのゲルマン人が,おもにガリアの国有地に土地を与えられて定住した。ラエティには移動の自由はなく,一部の者は軍役義務を負っていた。この制度の起源はゲルマン人自身の中にあったと考えられている。インクイリヌス【坂口 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラエティの言及

【ローマ】より

…この時期,ラテン文学も頂点に達し,ウェルギリウス,ホラティウス,リウィウスらは文筆を通してアウグストゥスをたたえた。 彼は征服戦争を極力避けたが,北方ではドナウ川まで国境を広げ,ラエティア,ノリクム,パンノニア,モエシアなどの諸属州を置いてバルカン半島を北部に対して守った。しかしライン国境をエルベ川まで広げる企図は,ウァルスの率いる軍団がトイトブルクの戦(後9)でアルミニウスの率いるゲルマン人に全滅させられたことによって挫折した。…

※「ラエティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラエティの関連情報