コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラエトリ遺跡 ラエトリいせきLaetoli

1件 の用語解説(ラエトリ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラエトリ遺跡
ラエトリいせき
Laetoli

タンザニア北部のエヤシ湖に近く,オルドバイ峡谷から南へ約 40kmの位置にある遺跡。1970年代にメアリー・リーキーの率いる調査団により 376万~346万年前の鮮新世地層から,豊富な脊椎動物化石とともに猿人の顎骨などの化石が発見された。この遺跡で出土した猿人化石は,すべてアウストラロピテクス・アファレンシスに分類されている。1978~79年には火山灰層の上に残された猿人の足跡が発見され,直立二足歩行の最も古い証拠となっている。また更新世後期の地層からはンガロバ人と呼ばれる古型のホモ・サピエンスの頭蓋も出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone