コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直立二足歩行 ちょくりつにそくほこう erect bipedalism

4件 の用語解説(直立二足歩行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直立二足歩行
ちょくりつにそくほこう
erect bipedalism

人類において獲得された前進運動の方法。類人猿ニホンザルなどでも,これを行うことができるが,常習としているものではなく,歩行中も膝が曲るなど,安定性を欠く。したがって直立二足歩行こそ,最も人類的な特徴と考えられており,骨格などもそれに適合した構造になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

直立二足歩行

胴体と脚を直立させて、体重を支え、歩き、走ること。人類の最重要な特徴であり、自由になった手が文化を生み出すための基盤となった。全身が直立するために、重心線が頸から足までの各関節の近くを通るので、筋肉をあまり使わずに体重を支えることができる。直立二足歩行は、猿人の時代に獲得され、原人の時代に事実上完成した。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくりつにそくほこう【直立二足歩行 bipedalism】

基本的には四足歩行者である哺乳類が,上体および後肢を大地に対して垂直に伸ばし,後肢のみで大地をけって歩行する移動様式をいう(鳥類でペンギンなどの例もあるがふつう含めない)。カンガルーは前肢を使わず上体を半ば立てて移動するが,体重の支持とけりに尾が重要な役割をはたし,移動様式は跳躍であって二足歩行とはいいがたい。クマはほぼ直立に近い姿勢をとることができるが,この姿勢で長距離を歩くことはない。サルや類人猿も,遠くを見通すときや両手に物を持ったときなど一時的に直立し,ときに二足歩行もするが,長距離にはおよばず,上体は前かがみに腰やひざは伸びきらないことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直立二足歩行
ちょくりつにそくほこう
upright bipedalism

脊柱(せきちゅう)を直立させ、頭部をその上端にのせ、左右のかかとを交互に着地させつつ、できうるかぎり膝(ひざ)を伸ばして、二本の下肢で歩くこと。直立姿勢とともに人類を人類たらしめた特徴である。二足歩行は他の動物も可能であり、クマやサルや類人猿もこれを行うことができるが、長距離を歩くことは困難である。カンガルーは二本足で移動するが、跳躍であって、歩行ではない。鳥類は二本足で歩けるものが多いが、その際、脊柱は水平に近い。ペンギンのみが脊柱を直立させるが、腰と膝が大きく曲がり、その歩行は遅く、ぎごちなく、腹ばいの地上滑走や遊泳など他の方法による移動方法のほうが迅速(じんそく)かつ容易である。
 常習的に長距離の二足歩行を行えるのは人類だけである。人体は直立二足歩行に適した特徴を諸所に示している。脊柱が軽く前後にS字状に屈曲しているため、歩行にあたり、かかとが着地したときの衝撃が脳に伝わることを和らげ、また、足部内側の骨の連結がアーチ状をなし、土(つち)ふまずをつくるため、この骨のアーチはばねとなり、足の運びを円滑にしている。上肢に比べて長くて頑丈な下肢や、幅広で頑健なつくりの骨盤は二足歩行を強化している。左右の膝の接近は歩行時の横揺れを防ぐ。全身の筋肉の協調運動を可能にした運動神経中枢が発達していればこそ、直立二足歩行が可能になった。直立二足歩行のおかげで、上肢は前進運動から解放され、人類独特の各種作業に携わることができるようになった。
 直立二足歩行の起因として諸説があるが、いずれにしてもサルの段階での樹上生活の習熟が前提となっている。350万年ないし400万年の昔、人類進化の過程においてほぼ完全な直立二足歩行が出現したと考えられている。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直立二足歩行の言及

【猿人】より

…歯は犬歯を含めて前歯部で小さく,それに対して臼歯部で(特にがんじょうな猿人で)かなり大きいのが特徴的である。脳頭骨の大孔(大後頭孔)が比較的前方に位置し,かつ下方を向いていて,そこに背骨(脊柱)がほぼ垂直についていたことを物語っていること,また腰の骨(骨盤)の形が現代人の場合に似て比較的幅広いことなどから,基本的には直立二足歩行をしていたと推定されている。レトリで発見された今から約350万年(ないし375万年)前のものとされる足跡にも,二足直立歩行をしていた状態を示すものがあり,猿人の時代も早い時期に,人類の直立二足歩行がすでに行われていたことを物語っている。…

【サル(猿)】より

…つまり,サルは樹上に生活の場を得てサルとして完成されたのち,あるものは再び地上に向かったのである。とくにヒトの祖先は,この地上生活への再適応を直立二足歩行という新たな移動様式の獲得によって成し遂げたと考えることができ,このような視点からサル類の移動様式(ロコモーション)の進化とヒトの直立二足歩行の起源が検討されている。 サルの主要な食物は植物であるが,多くのものが雑食の傾向をもつ。…

※「直立二足歩行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直立二足歩行の関連キーワード述語食虫類歩行者天国哺乳類二足歩行四足歩行者非霊長哺乳類海産哺乳類しり(尻∥臀)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直立二足歩行の関連情報