コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオ文字 ラオもじ

1件 の用語解説(ラオ文字の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラオもじ【ラオ文字】

ラオ語を表記する文字で,狭義にはラオスの国字を指す。タイ文字と同じくスコータイ文字の流れをくみ,古カンボジア(クメール)文字の系統をひく。タイ文字に比べて字数が少なく(インド借用語を写す子音字を欠く),母音表記法がより古い。最初の文献は15世紀末にさかのぼる。広義には北タイで用いられるユアン文字を含めているが,この方は古モン文字系である。16世紀後半の文献が最古である。なおこの変種のタム文字は両文字域でもっぱら数字と宗教上の表記に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラオ文字の関連キーワードアルファベット国字フェニキア文字ヘブライ文字ラオス吏読ラオ羅宇アギオスニコラオス修道院ラオ屋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone