コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオ文字 ラオもじ

世界大百科事典 第2版の解説

ラオもじ【ラオ文字】

ラオ語を表記する文字で,狭義にはラオス国字を指す。タイ文字と同じくスコータイ文字の流れをくみ,古カンボジア(クメール)文字の系統をひく。タイ文字に比べて字数が少なく(インド借用語を写す子音字を欠く),母音表記法がより古い。最初の文献は15世紀末にさかのぼる。広義には北タイで用いられるユアン文字を含めているが,この方は古モン文字系である。16世紀後半の文献が最古である。なおこの変種タム文字は両文字域でもっぱら数字と宗教上の表記に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラオ文字の関連キーワードラオ族

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android