コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグアト ラグアトLaghouat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグアト
Laghouat

アルジェリア南東部,オアシス地方北西部にあるオアシスの町。首都アルジェ南方約 330km,アトラス山脈南麓に位置し,ムジ川の3つのダムで灌漑された約 250haの地域を占める。 11世紀頃,ファーティマ朝配下のヒラール族によって設立されたらしい。その後モロッコオスマン帝国の支配ののち,1852~1962年フランス領。2つの丘から成り,南は行政・軍事地区,北は旧市街。柑橘類,野菜,穀類などが栽培され,壁掛けや絨毯の織物でも知られる。北部から南方に向う交通の要衝。人口6万 7214 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラグアトの関連キーワードハシルメル

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android