ラグアト(英語表記)Laghouat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグアト
Laghouat

アルジェリア南東部,オアシス地方北西部にあるオアシスの町。首都アルジェ南方約 330km,アトラス山脈南麓に位置し,ムジ川の3つのダムで灌漑された約 250haの地域を占める。 11世紀頃,ファーティマ朝配下のヒラール族によって設立されたらしい。その後モロッコオスマン帝国の支配ののち,1852~1962年フランス領。2つの丘から成り,南は行政・軍事地区,北は旧市街。柑橘類,野菜,穀類などが栽培され,壁掛けや絨毯の織物でも知られる。北部から南方に向う交通の要衝。人口6万 7214 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android