コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシルド Rachilde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシルド
Rachilde

[生]1860
[没]1953
フランスの女流作家。本名 Marguerite Eymery。少女の性倒錯を描いて2年の禁錮刑を受けた『ビーナス氏』 Monsieur Vénus (1889) や『性の時』L'Heure sexuelle (98) など,多数の作品がある。 1889年,夫アルフレッド・バレットと雑誌『メルキュール・ド・フランス』を創刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ラシルド
Rachilde


1860 - 1953
フランスの作家。
本名マルグリット・エムリー。
1889年「ヴィーナス氏」を発表し早熟で性倒錯の少女を描き、同年「メルキュール・ド・フランス」誌を夫アルフレッド・ヴァレットと共に創刊。他に「性の時」(1898年)等の作品があり、ブルジョア的道徳に反逆した悪魔主義的作品が多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

世界大百科事典内のラシルドの言及

【デカダン派】より

… 1886年,バジュAnatole Bajuが象徴派初期の機関誌《デカダン》を創刊したが,これにはベルレーヌ,マラルメの両大家をはじめとして,R.ギル,ラフォルグ,メリルStuart Merrill,タイヤードLaurent Tailhade,ロランJean Lorrainなども寄稿している。このほかデカダン派の作家として逸すべからざる人物にはモレアス,マンデス,シュウォブ,グールモン,女流のビビアンRenée Vivien,ラシルドRachilde,ベルギーのベルハーレン,ロデンバック,さらに神秘主義者のペラダンなどがいる。 以上のような傾向は文学以外の諸芸術の領域にまで拡大し,また国境の枠を越えてフランス以外の地にも波及したから,この汎ヨーロッパ的な潮流を単に中心地たるパリのみに限定するのは不当であろう。…

※「ラシルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラシルドの関連キーワードビーナス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android