ラジョーネ宮殿(読み)ラジョーネキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ラジョーネ‐きゅうでん【ラジョーネ宮殿】

Palazzo della Ragione
イタリア北東部、ベネト州の都市パドバにある建物。13世紀初期に建造され、裁判所として使われていた。14世紀初期に大幅に改築され、現在見られる傾斜がついた丸い屋根になった。2階部分には世界最大級(縦78メートル、横27メートル、高さ27メートル)とされたサローネと呼ばれる大部屋があり、占星術、宗教、労働を題材とするフレスコ画の連作が描かれている。
イタリア北部、ロンバルディア州の都市ベルガモの旧市街ベルガモアルタにある建物。12世紀に建てられ、議場として使われていた。16世紀に建て直されゴシック様式の外観をもつ。内部にはブラマンテ作のもののほか、14世紀から15世紀にかけて描かれたフレスコ画が飾られている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android