コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスナスラーニー Ra's Naṣrānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスナスラーニー
Ra's Naṣrānī

1982年までシャルムアッシャイフ Sharm al-Shaykhと呼ばれた。エジプト,シナイ半島の南東岸,アカバ湾の入口にある入江をいう。ヘブライ語で「ソロモンの湾」の意味をもつミフラズ・シェロモとも呼ばれている。アカバ湾に入るチラン海峡を扼する戦略上の拠点として,イスラエルの建国後,ここに砲台が設置された。 1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領され,空港とエラースからの高速道路が設置された。 72年に新しい町オフィラが建設され,戦略上の拠点であるとともに,観光,避暑地として開発されたが,82年4月 25日にエジプトに返還された。エジプトもイスラエルの計画を継承し,この地を観光の中心として開発,保養地として多くの観光客を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラスナスラーニーの関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎鈴木志郎康蓮實重彦ペトルチアーニスペースシャトル飛行記録メリル ストリープ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android