コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラタイト latite

岩石学辞典の解説

ラタイト

モンゾニ岩に相当する斑状の噴出岩で,粗面安山岩(trachyandesite)に相当する.斑晶は一般に斜長石と何かの通常のマフィック鉱物で,石基は正長石,斜長石,マフィック鉱物からなっている.マフィック鉱物には黒雲母─ラタイト,オージャイト─ラタイト,角閃石ラタイトなどが知られている.酸性の場合には石英ラタイトで石英モンゾニ岩の組成である[Ransome : 1898].イタリアのラティウム(Latium)の地名に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ラタイトの関連キーワードグアルディア岩カルシラタイトコロンブレト岩アンモナイトセラタイト類タウテイラ岩グリンハラ岩ラタイト響岩セラタイト流紋玄武岩ジュラ紀三畳紀

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android