コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラティナ Latina

翻訳|Latina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラティナ
Latina

イタリア中西部,ラツィオ州ラティナ県の県都。ローマ南東約 55km,チレニア海岸部に位置する。 1932年 B.ムッソリーニポンティノ湿地帯を干拓してその中心地として建設。周辺部では,コムギトウモロコシ,野菜,ブドウなどの生産のほか,牧畜も行われる。商業の中心地でもあり,計画的な市街景観が特色。原子力発電所が立地し,その周辺に食品,ガラスなどの工業が発達している。人口 11万9804(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラティナの関連キーワードギラティナ(オリジンフォルム)ギラティナ(アナザーフォルム)メロッツォ・ダ・フォルリメロッツォ・ダ・フォルリガルシア・マルケスチルチェオ[山]ギリシア詞華集フェレンティノアーヘン大聖堂ヒメノカリスポンツァ諸島サティロス劇佐々木日菜子フォンディ大学図書館フォルミア相馬幸人アクイノテラチナドセ川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android