ラテン・アベロイズム(英語表記)latin averroism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテン・アベロイズム
latin averroism

アラビアの哲学者アベロエス (イブン・ルシュド ) のアリストテレス解釈に準拠した西欧の哲学的・神学的学派,およびその学説。主として 13世紀後半のパリ大学とルネサンスのイタリアで栄えた。アベロエス説には世界の永遠からの存在,個的霊魂の死滅,地上での完徳の可能性の肯定などキリスト教教理と対立する思想が含まれていたところから神学的問題となり,1270,77年パリ司教タンピエによってシジェ・ド・ブラバンをはじめ神学者らが排斥された。完全なアベロイストは 14世紀に現れ,パリ大学のジャンダンのヨアンネスのほかパルマのタデオ,アレッツォのアンジェロら主流はイタリアにあった。彼らは信仰に対する理性の優位を主張した合理主義者であり,心理学的決定論をとった。 1513年の第5ラテラノ公会議で排斥されたが,アベロイズムはパドバで 17世紀まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android