ラナトシドC(読み)ラナトシドシー(英語表記)lanatoside C

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナトシドC
ラナトシドシー
lanatoside C

ゴマノハグサ科のケジギタリス Digitalis lanataの葉に含まれる天然配糖体の一つ。これを脱アセチル化したものはデスラノシド,さらにグルコース脱離したものはジゴキシンという。作用は他のジギタリス配糖体と同様で,心筋の収縮力増強,心拍出量増加,刺激伝導抑制,心拍数減少に基づく強心作用および利尿作用をする。速効性で,かつ他のジギタリス配糖体より安全域が広いが,腸管吸収は悪く,一定しないのが欠点である。副作用は,嘔吐,不整脈などがある。低カリウム血症があると毒性が増強するので,サイアザイド利尿剤などとの併用には注意を要する。なお,デスラノシドはラナトシドと類似で安定な作用をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android