コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナトシドC ラナトシドシーlanatoside C

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナトシドC
ラナトシドシー
lanatoside C

ゴマノハグサ科のケジギタリス Digitalis lanataの葉に含まれる天然配糖体の一つ。これを脱アセチル化したものはデスラノシド,さらにグルコース脱離したものはジゴキシンという。作用は他のジギタリス配糖体と同様で,心筋の収縮力増強,心拍出量増加,刺激伝導抑制,心拍数減少に基づく強心作用および利尿作用をする。速効性で,かつ他のジギタリス配糖体より安全域が広いが,腸管吸収は悪く,一定しないのが欠点である。副作用は,嘔吐,不整脈などがある。低カリウム血症があると毒性が増強するので,サイアザイド利尿剤などとの併用には注意を要する。なお,デスラノシドはラナトシドと類似で安定な作用をする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラナトシドCの関連キーワードDigitalis lanata強心配糖体

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android