コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナトシドC ラナトシドシー lanatoside C

1件 の用語解説(ラナトシドCの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナトシドC
ラナトシドシー
lanatoside C

ゴマノハグサ科のケジギタリス Digitalis lanataの葉に含まれる天然配糖体の一つ。これを脱アセチル化したものはデスラノシド,さらにグルコース脱離したものはジゴキシンという。作用は他のジギタリス配糖体と同様で,心筋の収縮力増強,心拍出量増加,刺激伝導抑制,心拍数減少に基づく強心作用および利尿作用をする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラナトシドCの関連キーワードゴマノハグサ科ジギタリス畦菜瓜草小米草胡麻の葉草胡麻の葉草科川萵苣ゴマノハグサケジギタリス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone