ラバーター(読み)らばーたー(英語表記)Johann Kaspar Lavater

日本大百科全書(ニッポニカ)「ラバーター」の解説

ラバーター
らばーたー
Johann Kaspar Lavater
(1741―1801)

スイス、チューリヒの改革派牧師、哲学者。人間の本性容貌(ようぼう)に表れるという思想に基づく主著観相学断片』(1775~1778)は、天才と詩人の本質に関する神秘主義的概念規定により、シュトゥルム・ウント・ドラング運動の基調と一致し、宗教的非合理主義の予告者としてゲーテ、ヘルダーらに影響を与えた。一方、モーゼス・メンデルスゾーンにキリスト教への改宗を迫り、フランス革命の動乱期に、「自由スイス」を訴えて銃剣に倒れるなど、実践的活動家としても知られる。

[長屋代蔵 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android