コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銃剣 じゅうけんbayonet

翻訳|bayonet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銃剣
じゅうけん
bayonet

小銃に装着するために設計された短。鋭い刃をもち,刃の先端がとがっているものもある。 17世紀前半にフランスのバイヨンヌ地方で開発されたといわれ,当時の武将ピュイセギュールの回顧録にはすでに「バイヨネット」の記述が残されている。初期の銃剣は長さ約 30cmのまっすぐな両刃の剣に,同じ長さで先細の木製の柄がつき,マスケット銃の銃口に差し込める形をしていた。これをかなり短くしたものが,歩兵の槍に代わる新兵器としてヨーロッパ各地に普及した。この差し込み式銃剣と呼ばれる初期の銃剣にはいくつかの重大な欠陥があった。たとえば,いったん銃剣を銃口に差し込むと,着剣状態では銃弾を発射できなかった。しかも差し込み方がきつすぎると簡単に引き抜くこともできなかった。 1689年には,柄に複数の輪 (リング) をつけて銃口のまわりに固定しやすくした新型が登場した。さらに,それに代わるものとして普及したソケット式銃剣は,1688年フランス陸軍で軍事技術者を務めていたセバスティアン・ル・プレストル・ド・ボーバンが導入したものである。これには銃口下に滑らせるスリーブがあり,銃身上に設けた突起が差し込み口の溝に直角にはまって固定できるようになっていた。たいてい三角形の断面をもつ刃が使われた。このボーバンのソケット式銃剣に少し手直しを加えたものが,のちに銃剣の基本形として定着した。 19世紀には,鋸歯状の歯をつけた銃剣も登場し,作業用具としても使えるようになった。塹壕掘削用具として設計された銃剣もある。連射式の銃が開発されると戦闘における銃剣の価値は大幅に減った。それでも第1次世界大戦,第2次世界大戦の間,柄付きの汎用ナイフとして使われた。小銃に装着していないときはさやに入れて携帯した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐けん【銃剣】

銃と剣。また、武器総称
銃の先につける剣。ふだんは(さや)に収め腰につけていて、突撃や接近戦のときに装着する。また、その剣をつけた小銃。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうけん【銃剣】

銃と剣。 「 -類」
小銃の先につける短い剣。通常はさやに収めて腰につるし、戦闘や儀式などの際に銃の先端に装着する。また、その剣をとりつけた小銃。剣つき鉄砲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銃剣
じゅうけん

兵士が携帯する軍用短剣で、銃に装着するものと、銃の前部に畳んであるものとがある。おもに鋼鉄製で、形も長身・短身・両刃・片刃・錐(きり)形などのほか、片面が鋸(のこぎり)・やすり状のものもある。本来は銃に装着して「銃剣術」という技術で用いる近接格闘用兵器だが、儀仗(ぎじょう)・行進・衛兵の威容を整える役割も果たす。銃剣のみで狭い陣地内格闘や、伐開、掘削、料理、応急手当てなどにナイフがわりに使用する場合もある。[寺田近雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銃剣の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃フラー(Samuel Fuller)剣付き鉄砲・剣付鉄砲クレージー・ホーススウェーデン体操阿波根 昌鴻大日本武徳会三八式歩兵銃ベイオネット武道必修化永野 一男木部 佳昭ラバーター差付ける村田経芳植芝盛平粕谷佳五増田英治剣付鉄砲赤峰裕之

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銃剣の関連情報