コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプ・ラプ Lapu‐Lapu

世界大百科事典 第2版の解説

ラプ・ラプ【Lapu‐Lapu】

世界周航途次のマゼランマクタン島で殺したフィリピンの民族的英雄。生没年不詳。マゼラン一行は1521年3月フィリピン群島に達し,4月7日セブ島に上陸してこの島最強の首長ラジャ・フマボンと友好の血盟を結んだ。そして近隣諸島の首長にラジャ・フマボンを彼らの王として認めるよう要求したが,セブに東接する小島マクタンの首長ラプ・ラプはこれを拒否し,スペインとの友好をも拒んだ。おりからマクタン島のもう一人の首長ダトゥ・スラがラプ・ラプとの抗争にからんでマゼランに援助を求めてきたので,4月27日マゼランはラプ・ラプ討伐に出て,かえってラプ・ラプの手勢に惨殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラプ・ラプの関連キーワードマクタン・セブ国際空港マクタン[島]セブ国際空港

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android