コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムズゲート Ramsgate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムズゲート
Ramsgate

イギリスイングランド南東端部,ケント県北東端部,サネット地区の町。カンタベリーの東北東約 25kmにあり,ドーバー海峡に臨む。小さな漁村から発展した港町で,18世紀中頃今日の港が建設され,バルト海沿岸を中心としたヨーロッパ諸国との取り引きが盛んとなり,20世紀にはケント炭田の開発に伴って石炭積出港としても発展。また海浜保養地としても知られるようになり,ケント県で最も人気のある保養地の一つである。南のペグウェル湾にはホバークラフトエアクッション艇)の基地があり,フランスのカレーとの間に海峡横断の定期航路が開かれている。人口 3万7967(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラムズゲートの関連キーワードアルフレッド・ノース ホワイトヘッドブレンダ ブレッシンスティーヴン トールホワイトヘッドオーステンデピュージンスミートンフライ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android