ラヤモン(英語表記)Layamon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラヤモン
Layamon

1188~1207年頃活躍のイギリス中英語期の詩人。ウースターシャー,アーンリーの聖職者であったという。2種の原稿が現存する伝奇的年代記『ブルート』 Brut (1200頃) の作者。3万行をこえるこの長詩は,ノルマンの詩人ワースの『ブリュ物語』をもとに,地方伝説や個人的な知識を加えた神話的なブリテン史で,アエネイスの子孫ブルートによるブリテン建国から 689年までを包含する。アーサー,リア,シンベリンなど伝説的なブリテン王の物語を英語で歌った最古のもの。詩形は古英語の頭韻を受継ぎ,しばしば脚韻が交って,過渡期の相を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android