コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ララシュ Larache

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ララシュ
Larache

モロッコ北部,大西洋岸の港湾都市。タンジール南南西,道路で約 90km,ルッコス川河口左岸に位置する。古代にはフェニキアカルタゴの植民市で,ローマ時代に最も繁栄した。 1610年スペイン領となったが,89年ムーア人が占領。 1911年スペインが再び領有したが,56年モロッコ領となる。市域は城壁で囲まれた旧市街とスペイン人の建設した新市街から成り,海中にそびえる要塞ケビバトやスペイン人の手に成るラ・シゴーニュ要塞がある。農業,漁業の中心地であるとともに,コルク,豆,果実,材木,羊毛などの積出港。古代都市リクソスの廃虚が市の北東方 3kmにある。人口6万 3893 (1982) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android