コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラレンティア Larentia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラレンティア
Larentia

古代ローマの女神。その前身については2説あり,一伝によれば,羊飼いファウストゥルスの妻で,夫が拾ってきたロムルスとレムスを,自身の 12人の子と一緒に育てたという。別伝によれば,名高い娼婦であったが,ヘラクレスと一夜を過したところが,満足したヘラクレスは彼女に,神殿を出て最初に会う男のあとをどこまでもついていくようすすめた。この言に従ったところ,ラレンティアは老富豪タルティウスの妻となり,やがて彼が死ぬとその遺産を相続してすこぶる富裕になった。彼女は死ぬとき,財産をすべてローマの民衆に遺贈し,感謝した民衆に以後女神として祀られることになったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラレンティアの関連キーワードロムルスレムス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android