コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別伝 ベツデン

デジタル大辞泉の解説

べつ‐でん【別伝】

普通に伝えられているのとは別の言い伝え。
技芸・武芸・教義などにおける特別な伝授。
教外(きょうげ)別伝」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べつでん【別伝】

特別の伝授。
〘仏〙「教外きようげ別伝」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別伝
べつでん

特別のあるいは別個の伝承、伝授の意。または『天台智者大師別伝』などの例のように、正統な伝記以外の別の伝記をも意味する。また、禅宗は一名、別伝宗ともいい、ことばや文字に表された教説のほかに、別に師から弟子へと直接以心伝心で伝えられるものがあるという教外別伝を標榜(ひょうぼう)し、ことばによって釈迦(しゃか)が教えた教内の法に対し、ただちに仏の心を弟子の心に伝えた教外の法のなかにこそ仏教の心髄があると主張する。[藤井教公]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

別伝の関連キーワード日本往生極楽記続本朝往生伝ラレンティアラティヌス拾遺往生伝テオグニスカベイロイイアシオンプリアポス禅宗美術御義口伝オリオン拈華微笑大歇勇健師岡一波不立文字斎藤義竜別伝妙胤吉備稚姫斎藤義龍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android