コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングベーン Julius Langbehn

1件 の用語解説(ラングベーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラングベーン【Julius Langbehn】

1851‐1907
ドイツの文化批評家。1880年代に自然主義デカダンス思想が外国から流入したのに対抗してドイツ固有の文化のあり方を説いて大きな反響を得た匿名の書《教育者レンブラント》(1890)の著者。ヨーロッパ社会改良思想を軽薄なものとみなし,ドイツ人は内面性に生き,素朴な民族精神重んじることを提唱し,世紀末からナチス台頭まで増殖していく保守的民族主義イデオロギーの指標となった。【神品 芳夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラングベーンの関連キーワードシュレーゲル西ドイツハイネレッシング批評家評家統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツの小さな町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone