コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングベーン Julius Langbehn

世界大百科事典 第2版の解説

ラングベーン【Julius Langbehn】

1851‐1907
ドイツの文化批評家。1880年代に自然主義やデカダンス思想が外国から流入したのに対抗してドイツ固有の文化のあり方を説いて大きな反響を得た匿名の書《教育者レンブラント》(1890)の著者。ヨーロッパの社会改良思想を軽薄なものとみなし,ドイツ人は内面性に生き,素朴な民族精神を重んじることを提唱し,世紀末からナチス台頭まで増殖していく保守的民族主義イデオロギーの指標となった。【神品 芳夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラングベーンの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門自然主義(文芸)片岡仁左衛門蓄音機名古屋(市)近・現代アフリカ史(年表)複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android