ランダウ減衰(読み)ランダウげんすい(英語表記)Landau damping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランダウ減衰
ランダウげんすい
Landau damping

プラズマ振動荷電粒子エネルギーを与えて減衰すること。 1946年ソ連の理論物理学者 L. D.ランダウによって,荷電粒子の速度分布がマクスウェル=ボルツマン分布ならば,プラズマ中の縦波は必ず減衰することが指摘された。波の位相速度に近い速度で運動する電子によるもので,64年にイオン音波と電子プラズマ波において実験的に検証された。波動と粒子との間のエネルギー授受の機構として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

ランダウ減衰【Landau's disintegration】

有限温度プラズマの縦波の中を,波と同じ方向にほぼ同じ位相速度で進行する粒子は,波のポテンシャルを介してエネルギーのやりとりを波との間に行うが,粒子の速度分布がマクスウェル分布*のような場合には,プラズマ波のエネルギーが粒子に与えられるので減衰が起こる.この現象をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android