ラ・ジョコンダ

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・ジョコンダ

イタリアの作曲家アミルカレ・ポンキエッリのイタリア語による全4幕のオペラ(1876)。原題《La Gioconda》。ヴィクトル・ユゴーの戯曲『パドヴァの暴君アンジェロ』を題材とする。

ラ・ジョコンダ

イタリア、ルネサンス芸術家・科学者レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画モナ・リザ』の別題。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のラ・ジョコンダの言及

【モナ・リザ】より

…背景には,無限の奥行きを感じさせる想像的な山岳風景が,レオナルド特有の微妙きわまりないスフマート(ぼかし)の技法で描かれている。モナ・リザ(〈モナ〉は貴婦人の敬称)の呼称は,この絵のモデルがフィレンツェの貴族フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻リザであるとするバザーリの記述に基づく(このため〈ラ・ジョコンダLa Gioconda〉とも呼ばれる)。モデルについては種々の異説(イザベラ・デステ説,コスタンツァ・ダバロス説,女装の男性説など)があるが,この神秘的な女性のイメージが単なる肖像=個別像でないことは明らかである。…

※「ラ・ジョコンダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android