コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラース Laas, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラース
Laas, Ernst

[生]1837.6.16. フュルシュテンバルデ
[没]1885.7.25. シュトラスブルク
ドイツの哲学者,教育家。 1872年シュトラスブルク大学教授。観念論や新カント派の考え方に対立し,実証主義哲学の立場を取った。主著は『観念論と実証主義』 Idealismus und Positivismus (3巻,1879~84) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラースの関連キーワードトリアー(デンマークの映画監督)大工よ、屋根の梁を高く上げよコンチェルト・コペンハーゲンダンサー・イン・ザ・ダークカラーコーディネーションSystem Duo80秋田県南秋田郡大潟村方上今年のノーベル経済学賞エミリー モーティマーワイエルシュトラスワンダラーショップインラインスケートミーラースダーリーアルネ ドムネラスピュイゼギュールAdobeRGBアレクサンドリア花の里・河川公園スーパー・キックローラースポーツ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラースの関連情報