ラース(英語表記)Laas, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラース
Laas, Ernst

[生]1837.6.16. フュルシュテンバルデ
[没]1885.7.25. シュトラスブルク
ドイツの哲学者,教育家。 1872年シュトラスブルク大学教授。観念論や新カント派の考え方に対立し,実証主義哲学の立場を取った。主著は『観念論と実証主義』 Idealismus und Positivismus (3巻,1879~84) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラースの関連情報