徳川家斉(読み)とくがわ いえなり

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐いえなり〔トクがはいへなり〕【徳川家斉】

[1773~1841]江戸幕府第11代将軍。在職1787~1837。一橋治済(ひとつばしはるさだ)の長男。松平定信を老中に登用し、寛政の改革を行った。定信の失脚後はみずから政治を執り、ぜいたくな生活を好み、文化・文政の奢侈(しゃし)時代をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

徳川家斉【とくがわいえなり】

江戸幕府11代将軍(1787年―1837年)。諡号(しごう)文恭院。三卿の一橋治済の子。1781年10代将軍家治養子となり,1786年将軍職を継承。就任直後は後見の松平定信らに寛政改革を行わせたが,定信隠退後は綱紀紊乱(びんらん),士風著しく退廃。1837年家慶に譲位後もなお権力を握り,俗に大御所時代と称された(大御所政治)。その治世の文化文政時代は側近による幕政の私物化により幕府財政の行詰りがいっそう深刻化した一方で,江戸を舞台とした町人文化の爛熟(らんじゅく)期でもあった。
→関連項目明石藩島津重豪沼津藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川家斉 とくがわ-いえなり

1773-1841 江戸幕府11代将軍。在職1787-1837。
安永2年10月5日生まれ。三卿(さんきょう)の一橋治済(はるさだ)の長男。母はお富の方(慈徳院)。徳川家治(いえはる)の養子となり,天明7年将軍職をつぐ。松平定信(さだのぶ)を老中首座とし寛政の改革を断行,のち親政をおこなう。隠退後も実権をにぎり,大御所時代といわれる。文化・文政時代には町人文化が成熟した。天保(てんぽう)12年閏(うるう)1月7日死去(発喪は閏1月30日)。69歳。幼名は豊千代。法号は文恭院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

徳川家斉

1773〜1841(安永2〜天保12)【十一代将軍】自身が実権を握った大御所時代には最も華麗な化政文化を生んだ。 十一代将軍(在職1787〜1837)。寛政改革を断行した老中松平定信の退陣後、ゆるやかな文治政策のもとで、役人の賄賂の横行、治安の悪化など、社会問題が続出した。将軍引退後も、家斉は大御所として権勢をふるったが、彼自身、側室40人に子供を55人生ませるなど、政治の弛みは続いた。しかし、寛政以後停滞していた江戸文化は一気に爛熟化し、享楽的で退廃的な化政文化を生んだ。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわいえなり【徳川家斉】

1773‐1841(安永2‐天保12)
江戸幕府11代将軍。三卿の一橋治済(はるさだ)の長男。幼名豊千代。母は岩本氏。1781年(天明1)10代将軍家治の養子に迎えられ,86年将軍職を継いだ。将軍家治は俊才の名が高かった三卿田安家の定信に嘱望したが,田沼意次は自己の権勢を維持するため定信を田安家から白河藩松平氏の養子へ追い出し,豊千代を家治の養子にすえた。豊千代が11代将軍家斉となると松平定信はその後見を命ぜられ,その深い学殖や白河藩主としての体験を生かして補導した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくがわいえなり【徳川家斉】

1773~1841) 江戸幕府第一一代将軍(1787~1837)。一橋治斉の長男。家治の養子。幼名豊千代。田沼意次を排して、松平定信を老中主座とし、学問を奨励、寛政の改革を行わせた。定信退任後家斉親政になると、幕政はゆるみ、爛熟した化政文化が現出。隠居後も大御所と称して実権を握った。側室四〇人、子女五五人を数えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川家斉
とくがわいえなり

[生]安永2(1773).10.5. 江戸
[没]天保12(1841).閏1.30. 江戸
江戸幕府 11代将軍 (在職 1787~1837) 。一橋治斉の長男。母は岩本正利の娘。幼名は豊千代。院号は文恭院。天明1 (1781) 年 10代将軍家治の養子となり,同7年4月 15日将軍宣下。将軍になってからは前代からの権臣田沼意次を排して,白河城主松平定信を老中首座に抜擢し,寛政の改革を行なった。定信の引退後は親政し,いわゆる文化文政時代 (→化政文化 ) を現出。側室 40人,子女 55人を数え,大奥の豪奢は最高潮に達した。賄賂が横行し,幕政は腐敗し,財政は窮乏化した。文政 10 (1827) 年3月 18日在職 40年に及んだ機会に太政大臣に昇進。奢侈な風潮は一向にやまず,幕府の財政はますます窮乏化した。天保年間 (30~44) に諸国に大飢饉が起ったが,幕府は有効な救済策を講じず,天保8 (37) 年には大塩平八郎の乱が起るにいたった。同年4月2日家慶に将軍職を譲ったが,大御所として政治の実権を握っていた。 (→大御所時代 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川家斉
とくがわいえなり
(1773―1841)

江戸幕府第11代将軍。御三卿(ごさんきょう)の一つ一橋(ひとつばし)家の2代治済(はるさだ)の四男。母は岩本氏で於富之方(おふくのかた)という。安永(あんえい)2年10月5日誕生。幼名は豊千代。1781年(天明1)10代将軍家治(いえはる)の養子となって西の丸に移り、家斉と命名。翌1782年従二位(じゅにい)大納言(だいなごん)。1787年、前年の家治の死去に伴い、わずか15歳で将軍となる。前代からの権臣田沼意次(たぬまおきつぐ)を排して側用人(そばようにん)政治を否定し、白河藩主松平定信(まつだいらさだのぶ)を老中首座として、本百姓経営の再建、農村復興を中心とした寛政(かんせい)の改革を断行した。しかし、風俗、出版、思想に対する厳しい統制と相まって、幕府内部に不満が充満し、尊号(そんごう)事件と大御所事件を契機に定信は退陣した。かわって田沼派の側用人が台頭し、いわゆる大御所時代が出現した。大奥の華美驕奢(きょうしゃ)な生活は文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)の文化を生んだが、ふたたび賄賂(わいろ)が横行し、権力は腐敗、幕府財政はいっそう窮乏した。無宿者や博徒(ばくと)が横行し、農村分離は進行したが、天保(てんぽう)年間(1830~44)の大飢饉(だいききん)に有効な対策を打てず、百姓一揆(ひゃくしょういっき)、打毀(うちこわし)が激発、1837年(天保8)には大塩平八郎の乱が起こった。同年家斉は将軍職を二男家慶(いえよし)に譲ったが、なお大御所として政治の実権を握った。天保12年閏(うるう)正月晦日(みそか)没。69歳。東叡山(とうえいざん)に葬る。法号は文恭院(ぶんきょういん)。正室は近衛(このえ)前右大臣経煕(つねひろ)の養女、実は島津重豪(しげひで)の女(むすめ)(寔子(たたこ))。勢真院以下多数の側室をもち、55人の子女を生ませたことで知られる。[藤野 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川家斉 (とくがわいえなり)

生年月日:1773年10月5日
江戸時代後期の江戸幕府第11代の将軍
1841年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の徳川家斉の言及

【大御所政治】より

…前将軍が隠退後も在職中と同様の実権をもち,政治をとりつづけること。鎌倉時代初めは将軍の父の屋敷を大御所と呼んだが,やがて将軍の父その人,あるいは前将軍をも大御所と呼ぶようになった。大御所政治という言葉は,この点に着目して後世の史家が特定の大御所のそれについてつけた呼び名である。室町幕府3代将軍足利義満は将軍を義持に譲って京都北山の新邸に移ったのち,出家して官職に拘束されない自由な立場から実権を振るったが,これを大御所政治と呼ぶ史家は少ないようである。…

【天保改革】より

…江戸時代後期の天保年間(1830‐44)に行われた幕政改革,藩政改革の総称。領主財政の窮乏・破綻,天保の飢饉を契機とした物価騰貴,一揆の激発などの社会的動揺,外国船来航による対外的危機などを克服し,幕藩体制の維持存続を目ざして行われた。天保の幕政改革は,享保・寛政のそれとともに江戸の三大改革とも称される。
[幕政改革の開始と諸政策]
 天保初年の凶作飢饉は米価の高騰を招き,農村と都市の下層民を貧窮に陥れた。…

【中野碩翁】より

…江戸後期の旗本。11代将軍徳川家斉の寵臣。名は定之助清茂。…

【文化文政時代】より

…江戸時代後期,第11代将軍徳川家斉(いえなり)治下の文化・文政年間(1804‐30)を中心とした時代。略して化政期ともいう。…

※「徳川家斉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳川家斉の関連情報