ラートゲン(英語表記)Rathgen, Karl

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラートゲン Rathgen, Karl

1855-1921 ドイツの法学者。
1855年3月1日生まれ。明治15年(1882)来日,東京大学で行政法などをおしえ,また農商務省嘱託として,取引所関係法規の立案にかかわった。23年帰国。マールブルク大教授などをへてハンブルク大初代学長。1921年11月6日死去。66歳。ワイマール出身。著作に「日本の経済国家財政」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android