コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーユ(辣油) ラーユ

百科事典マイペディアの解説

ラーユ(辣油)【ラーユ】

中国料理の調味料一種植物油にトウガラシの辛味を溶かし出したもの。ふつうゴマ油を熱し赤トウガラシを刻んで入れてつくる。ギョーザのつけ汁,酢の物,麺(めん)類などの香辛料とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラーユ【ラーユ(辣油)】

中国風の調味料の一種。ゴマ油にトウガラシの辛みを溶出させたもので,ギョーザやシューマイを食べるときに用いたり,あえ物などに加えたりする。ゴマ油1カップを熱し,煙が立ち始める前に赤トウガラシのみじん切り大さじ2杯を加えて火をとめ,冷めるのを待ってガーゼでこす。【橋本 寿子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラーユ(辣油)の関連キーワードシューマイ(焼売)中国料理

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android