コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・コンダミーヌ Charles Marie de La Condamine

1件 の用語解説(ラ・コンダミーヌの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・コンダミーヌ【Charles Marie de La Condamine】

1701‐74
フランスの博物学者。パリに生まれ,軍人生活を送っていたが,1730年以降は数学,自然科学の研究に従事した。パリのアカデミー・デ・シアンスの赤道周辺の子午線長の計測調査隊に参加し,36年から44年まで南アメリカのキト一帯で調査をした。44年アマゾン川を河口のパラ(現,ベレン)まで下り,矢毒クラーレ,季節的出水のポロロカ現象など流域の学術調査を行い,帰国後の45年にその報告書《南アメリカ内陸調査旅行記》を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・コンダミーヌの関連キーワードゲスナー博物学博物誌ビュフォンラマルキズムラマルクパリジャン文は人なりフランスソワールラングレス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone