コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・コンダミーヌ Charles Marie de La Condamine

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・コンダミーヌ【Charles Marie de La Condamine】

1701‐74
フランスの博物学者。パリに生まれ,軍人生活を送っていたが,1730年以降は数学,自然科学の研究に従事した。パリのアカデミー・デ・シアンスの赤道周辺の子午線長の計測調査隊に参加し,36年から44年まで南アメリカのキト一帯で調査をした。44年アマゾン川を河口のパラ(現,ベレン)まで下り,矢毒クラーレ,季節的出水のポロロカ現象など流域の学術調査を行い,帰国後の45年にその報告書《南アメリカ内陸調査旅行記》を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・コンダミーヌの関連キーワードアカデミー・デ・シアンス百科全書派ブーゲーモナコ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android