コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・シルフィード La sylphide

1件 の用語解説(ラ・シルフィードの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・シルフィード【La sylphide】

2幕のバレエロマンティック・バレエの代表作。1832年3月,パリのオペラ座でフィリッポ・タリオーニFilippo Taglioni(1777‐1871)振付,音楽シュナイツヘッファーJean Schneitzhoeffer(1785‐1852)で主役をフィリッポの娘M.タリオーニが踊った。36年11月,コペンハーゲンデンマーク王立バレエ団ではブルノンビル振付で音楽レーベンスヒョルトHerman Severin Løvenskjold(1815‐70)により,L.グラーンが主役を踊った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラ・シルフィードの言及

【バレエ】より

…ブラシスと同時代,すなわち19世紀初頭を飾る最も大きな名前はM.タリオーニである。彼女の踊った《ラ・シルフィード》(1832)は,いわゆるロマンティック・バレエの成功を決定的にしたものであるが,同時にこのバレエで初めて用いられた特殊なスカートは,今日バレエの制服と考えられているチュチュである。それは純白のオーガンディーとチュールを幾枚も重ねた,釣鐘形のふわふわした軽い霞のようなスカートである。…

※「ラ・シルフィード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・シルフィードの関連キーワードチュチュバレエロマンティック・バレエドラマティック・バレエコールドバレエ古典バレエモダンバレエポアントロマンチックバレエロマンティック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・シルフィードの関連情報