コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・シルフィード La sylphide

1件 の用語解説(ラ・シルフィードの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・シルフィード【La sylphide】

2幕のバレエロマンティック・バレエの代表作。1832年3月,パリのオペラ座でフィリッポ・タリオーニFilippo Taglioni(1777‐1871)振付,音楽シュナイツヘッファーJean Schneitzhoeffer(1785‐1852)で主役をフィリッポの娘M.タリオーニが踊った。36年11月,コペンハーゲンデンマーク王立バレエ団ではブルノンビル振付で音楽レーベンスヒョルトHerman Severin Løvenskjold(1815‐70)により,L.グラーンが主役を踊った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラ・シルフィードの言及

【バレエ】より

…ブラシスと同時代,すなわち19世紀初頭を飾る最も大きな名前はM.タリオーニである。彼女の踊った《ラ・シルフィード》(1832)は,いわゆるロマンティック・バレエの成功を決定的にしたものであるが,同時にこのバレエで初めて用いられた特殊なスカートは,今日バレエの制服と考えられているチュチュである。それは純白のオーガンディーとチュールを幾枚も重ねた,釣鐘形のふわふわした軽い霞のようなスカートである。…

※「ラ・シルフィード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・シルフィードの関連情報