コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリオーニ タリオーニ Taglioni, Maria

4件 の用語解説(タリオーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリオーニ
タリオーニ
Taglioni, Maria

[生]1804.4.23. ストックホルム
[没]1884.4.24. マルセイユ
ロマンチック・バレエ時代を代表するイタリアバレリーナバレエ一家に生れ,父 F.タリオーニからスパルタ教育を受けた。 1822年『テルプシコール宮殿での若きニンフの饗宴』でデビュー。 32年パリ・オペラ座で,父の振付によるロマンチック・バレエの最初の作品『ラ・シルフィード』の初演で踊り,名声を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タリオーニ

タリョーニともいう。イタリアの女性舞踊家。ストックホルム生れ,母親はスウェーデン人。イタリア人の父親フィリッポ〔1777-1871〕は名振付家として知られる。1832年パリのオペラ座で,ロマンティック・バレエの名作《ラ・シルフィード》を踊って大成功を収める。
→関連項目ペロー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タリオーニ【Maria Taglioni】

1804‐84
イタリアの女流舞踊家。父のフィリッポFilippo Taglioniも名振付師として知られる。幼少より父の教育を受け,その長い腕と,か細い肉体を生かした踊りにみがきをかけた。1822年ウィーンでデビューし,31年パリ・オペラ座マイヤーベーアの歌劇《悪魔のロベール》初演のバレエ場面の〈尼僧の亡霊〉を踊り,ロマンティック・バレエの到来を告げた。翌年《ラ・シルフィード(空気の精)》の主役を踊って大成功をおさめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タリオーニ
たりおーに
Marie Taglioni
(1804―1884)

ロマンチック・バレエを代表するイタリアのバレリーナ。ストックホルムに生まれる。舞踊家の父フィリッポFilippo Taglioni(1777―1871)に教えを受け、18歳でウィーンにデビュー。以来ドイツ、イタリア、フランスで踊り、天性の手の長さを生かした流れるようなスタイルで観客を魅了した。1832年パリ・オペラ座で父親振付けの『ラ・シルフィード』の主役を初演したが、完璧(かんぺき)な精神性と詩的変容を体現したものと絶賛された。白いロマンチック・チュチュ(釣鐘(つりがね)型スカート)を着けたタリオーニは、民俗舞踊を得意にした地上的な舞姫エルスラーと比較され、天上的舞姫といわれた。その後ロシアでも踊り、47年ロンドンで『パリの審判』を踊り引退した。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタリオーニの言及

【バレエ】より

…彼は舞踊の理論,技法の書を数多く書いているが,ミラノのスカラ座の付属舞踊学校の校長として,今日なお,世界各国のアカデミーの模範となる,合理的な教育方法を制定した。ブラシスと同時代,すなわち19世紀初頭を飾る最も大きな名前はM.タリオーニである。彼女の踊った《ラ・シルフィード》(1832)は,いわゆるロマンティック・バレエの成功を決定的にしたものであるが,同時にこのバレエで初めて用いられた特殊なスカートは,今日バレエの制服と考えられているチュチュである。…

【ペロー】より

…舞姫偏重のロマンティック・バレエの時代にあって批評家,観客の双方から賞賛された数少ない男性舞踊家の一人である。オペラ座時代にはロマンティック・バレエの女王タリオーニの相手役を務めたが,彼の人気が災いしてタリオーニの不興を買い,退団に追い込まれたとの説もある。振付師として《ジゼル》(1841),《オンディーヌ》(1843),《ラ・エスメラルダ》(1844)などの名作を数多く残した。…

※「タリオーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タリオーニの関連キーワードフィリップビルフィリッポスΦιλιππούπολιςアファノフィリックミノフィリックモノフィリック─フィリックグラフィフィリックグラフォフィリックフィリッポス[3世]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タリオーニの関連情報