リアルタイム処理(読み)リアルタイムしょり(英語表記)real-time processing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リアルタイム処理」の解説

リアルタイム処理
リアルタイムしょり
real-time processing

実時間処理。ある仕事が発生したら,即時的に処理しを返すシステム。処理すべき仕事の種類範囲はあらかじめ決っているので,そのための処理プログラムコンピュータの中で常に待機している。通常のコンピュータの場合にはプログラムとデータを与えて計算させるが,この場合にはプログラムはデータが与えられればすぐ計算できるようにあらかじめ完成され,常に待機している点が異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のリアルタイム処理の言及

【オンラインリアルタイム処理】より

…コンピューターシステムが動的に活動している環境(システム,機械など)の中で,その環境の働きを制御するような場合に用いられる。すなわちまず,リアルタイム処理とは処理要求やデータが発生したら直ちにコンピューターに入力し,その処理結果をそのときのシステムのおかれた環境の現実の時間の進行の中での働きに十分まにあうだけの速さで出力する処理方式をいう。このような処理の即時性を満たすには,一般に,遠隔のデータ発生点から通信回線を介して直接コンピューターへの入力を行う必要があるので,オンラインシステムの形態をとるのが通例となっている。…

※「リアルタイム処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android