コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リカーソリ Bettino Ricasoli

世界大百科事典 第2版の解説

リカーソリ【Bettino Ricasoli】

1809‐80
イタリアの政治家。トスカナ地方の貴族出身で,リソルジメント穏健派。1859年のサルデーニャ王国によるトスカナ併合にあたって,トスカナ仮政府執行官として主導的役割を果たした。統一後のイタリアで,カブールの死後,政権を担当(1861‐62)したように,いわゆる歴史的右派の中心人物の一人として,ローマやベネトなどのイタリア王国への統合に努力。66‐67年に再び首相を務めた。【柴野 均】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リカーソリの関連キーワードヤチーニ3月9日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android