リガ大聖堂(読み)リガダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

リガ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【リガ大聖堂】

Rīgas Doms》ラトビアの首都リガの旧市街にあるルーテル派大聖堂。13世紀初めの建造以降、18世紀後半まで増改築が繰り返され、ロマネスクゴシックバロック様式などが混在する。バルト三国における中世の大聖堂としては最大級のものとして知られる。リガの歴史を描いたステンドグラスや木彫のパイプオルガンが有名。大聖堂がある旧市街は、ハンザ同盟時代の歴史的建造物が多く残り、1997年に「リガ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android