コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リクルーター リクルーター recruiter

翻訳|recruiter

4件 の用語解説(リクルーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リクルーター(recruiter)

人員の補充や募集をする人。企業の新人採用担当者など。→リクルーター制

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リクルーター

人事担当者以外で就活生に会う社員。出身大学の研究室の後輩らに接触したり、エントリーシート提出者や企業セミナー参加者に声をかけたりして、個別に会う。

(2015-02-27 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

リクルーター

リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。
(2008/4/21掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

リクルーター

人事担当者以外で、一次選考もかねて入社志望者とコンタクトをとる社員のこと。同じ大学の出身者や、学生に年齢が近い若手社員が多いようです。リクルーターとどうやって接触するかはケースバイケース向こうから突然、電話やメールが来るケースもありますし、こちらからOB・OG訪問などをして紹介してもらわなければならないこともあります。技術系の学生には教授や大学を通じて先方から連絡してくることが多いようです。文系の場合はエントリーシートを提出したり、会社説明会に参加したあとでリクルーターから連絡してくるケースが一般的ですが、リクルーターが声をかけるのはそれなりに有望とみられた人材ですから、待っていても必ず声がかかるとは限りません。やる気を見せるなら、まずOB・OG訪問をしてリクルーターにつないでもらうか、人事担当者に電話をしてリクルーターを紹介してもらうのがいいでしょう。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リクルーターの関連キーワードキャリア組応募動機離職離職中応募要件面接(総合解説)経営構成員世銀総裁の情実人事問題世界選手権選考基準エントリーシート/ES

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リクルーターの関連情報