リサ(英語表記)low input sastainable agriculture; LISA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リサ」の解説

リサ
low input sastainable agriculture; LISA

低投入持続的農業の化学肥料農薬,石油エネルギーの大量投入に歯止めをかけ,自然生態系の力を利用しながら,有機的で環境との調和がとれる農業生産をしようとする考え方。 1980年代後半,アメリカで起きた。 86年に成立したクリーン・ウォーター法にも,飲み水の農薬汚染を規制する条項が数多く含まれるなど,環境問題や健康問題,食品の安全性などへの関心の高まりが背景にある。この考え方は,日本でも環境保全型農業として農水省推進に力を入れ始めているが,経済的効率性の点で生産者の理解が得にくいとの指摘が出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android