コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農薬汚染 のうやくおせんpesticide pollution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農薬汚染
のうやくおせん
pesticide pollution

除草剤や殺虫剤土壌殺菌剤等の農薬が分解されずに残留し,最終的に人体に吸収されて人間の健康に影響すること。具体的には,河川ではタニシ,ホタルなど生息生物の死滅など,自然生態系にも壊滅的な害を及ぼすことが指摘されている。農薬は一般環境中に散布されるため,他の化学物質と反応して毒性の高い物質を生成することも多く,地下水汚染などの原因としても大きな問題とされる。農薬の使用は現在の農業形態では必要不可欠とされるが,これに対して無農薬や有機農法など,農薬を使わない農業形態が注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のうやく‐おせん〔‐ヲセン〕【農薬汚染】

農薬が散布後に作物や土壌・水などに残留・蓄積し、有害な生活環境をもたらすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうやくおせん【農薬汚染】

使用した農薬、およびそれらの分解生成物質が、空気・土壌・作物などに残留・蓄積すること。人畜の健康や生活環境に有害な状態をもたらす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の農薬汚染の言及

【海洋汚染】より

…(3)DDT,PCBの汚染 農業の生産性を高めるために,どこの国でも,多量の化学肥料や農薬を用いている。そのために生産性は確かに上がったが,一方では散布された農薬や余分の肥料は,大気中を浮遊し,地表に落下したものは河川を通じ,最終的には海洋に流れ込み,海洋の農薬汚染をもたらした。現在では日本をはじめ多くの国でその使用が禁止されているとはいえ,DDTは分解されにくく,毒性をもったまま魚介類に濃縮される。…

※「農薬汚染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農薬汚染の関連キーワードジュディ鳥類保護区チョウトンボ地球環境科学沈黙の春湖沼汚染畜産公害農業公害減農薬除草剤リサ人畜

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農薬汚染の関連情報