コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リソマージ lithomarge

岩石学辞典の解説

リソマージ

長石に富む岩石が風化してできた緻密なカオリンを主とする土.数種類の柔らかい粘土状の物質をいう.この語は現在では赤色あるいは紫色がかった粘土質堆積物で,玄武岩の分解によって生じ,カオリナイトやハロイサイトなどのアルミナの水和珪酸塩からなるものに用いられる.完全に玄武岩熔岩流を置換するものがある[Eyles : 1952, Wilson & Robbie : 1966].ギリシャ語のlithosは石を,ラテン語margeはマールを意味し,ラテン語のlithomargaは石状の泥灰土.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

リソマージの関連キーワードラテライト性リソマージオラヴィクザイトポルセラナイトリソコラ石髄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android